2019年8月 北京の世界遺産を巡る旅 3日目 天壇

今日が北京の最終日です。天安門広場世界遺産の天壇に行きます。混雑を避けるべく、朝7時頃ホテルを出発します。

昨日の故宮と同じく、天安門東駅で下車します。観光地はどこもセキュリティチェックがありますが、天安門広場のセキュリティチェックが一番厳しかったように思います。それだけ、政治的に重要な場所ということなのかもしれません。
f:id:yasuaki:20200314192605j:plain

天安門広場

来ました。天安門広場。マジで広いです。日本人には想像できない広さ。
f:id:yasuaki:20200314192610j:plain

毛主席紀念堂

驚くほど並んでました。天安門広場から延々と続く人の列。最後尾の人は入場するまでに日没してしまうのでは、というくらいです。やはり中国の方にとっては重要なスポットなんでしょうね。ちなみに外から見ただけで入ってません。
f:id:yasuaki:20200314192616j:plain

正陽門(前門)

毛主席紀念堂の南側にあります。かなりの大きさです。
f:id:yasuaki:20200314192620j:plain

北京坊

最近流行りのスポットとガイドブックにありました。時間がないので軽く歩いただけ。MUJIホテルなんかもあります。
f:id:yasuaki:20200314192625j:plain


ここからバスに乗って最後の目的地である天壇を目指します。

天壇

天壇は、五穀豊穣を願って皇帝が祭祀を行った場所だそうです。

西門を入ってすぐ。目的地が遥か彼方過ぎて見えませんw とにかくどこに行っても中国の広さをイヤというほど味わいます。
f:id:yasuaki:20200314192503j:plain

圜丘

f:id:yasuaki:20200314192508j:plain

圜丘の上。中心の石の上で声を出すと周囲に反射してこだまするそうです。恥ずかしくてやる勇気ありませんでしたw
f:id:yasuaki:20200314192512j:plain

祈年殿

いよいよ見えてきました。祈年殿です。
f:id:yasuaki:20200314192524j:plain

祈年殿を近くから撮影。故宮なんかとは雰囲気がぜんぜん違っていて、良い感じです。
f:id:yasuaki:20200314192518j:plain

七星石

石は8つあります。
f:id:yasuaki:20200314192530j:plain

天壇の情報

チケット売り場は並ばずに購入できました。朝早かったからでしょうか。

世界遺産でありながら、緑豊かな公園で、太極拳のような体操をしていたり、休息をしている人が大勢いました。

北京の情報

北京までの飛行機

往路は羽田からの直行便で4時間ほど。復路は直前予約だったので直行便が取れず、関空経由でした。ちなみに今回はANAマイル利用です。

北京空港

広かったです。が、さらに広い空港を別の場所に建設中ということで、中国はスケールが違いますね。
f:id:yasuaki:20200314192542j:plain

両替

初日に北京空港の両替所で両替したら手数料がめっちゃ高かったです。あとで気づきましたが、ガイドブックに、空港での両替はおすすめしないと書いてありました。

市内はほとんどのお店がクレカが使えるので、現金はそんなに要らないかもです。

交通

  • 地下鉄がとにかく便利です。
  • 市内のバスにも一度乗りましたが、結構待ったのと、運転も荒く、個人的にはおすすめしないです。
  • 地下鉄が便利すぎたので、タクシーは乗ってません。
  • シェアバイクがたくさん走ってました。出発前に日本でモバイクの登録にチャレンジしましたが、残念ながら登録できず。もし使えていたら楽だったと思います。

自転車事情

20年ほど前の映像で、北京といえば大量の自転車というイメージでしたが、ほどほどの量でした。
f:id:yasuaki:20200314192536j:plain

中心地では、個人所有の自転車よりもシェアバイクがたくさん走っている印象を受けました。また、多くの通りでは、一番右端の車線が自転車を含む2輪専用になっているようでした。

エアチャイナのラウンジ

最終日もたくさん歩いて汗だくになったので、シャワー浴びました。快適でした。食事の種類も豊富で美味しかったです。

ガイドブック

図書館で借りていた(毎回旅行時には図書館で借りる)のですが、カバンに入れ忘れてしまい、仕方がないので羽田で購入しました。もう使わないので、欲しい方いたらプレゼントします。

D03 地球の歩き方 北京 2019~2020

D03 地球の歩き方 北京 2019~2020

  • 発売日: 2019/02/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


以上。北京の旅でした!